ジャグラー立ち回り

ジャグラーの台選びはスランプグラフで判断できる?【正しい台の選び方を解説】

ジャグラーで勝てない男性
ジャグラーで勝てない男性
ジャグラーの台の選び方なんだけど、スランプグラフで判断すれば勝てるんじゃね??高設定は右肩上がりになりやすいって言うし…。ジャグラーはスランプグラフだけで台を決めていいのだろうか。その辺の答えを知りたい。

本記事の内容

  • ジャグラーの台選びはスランプグラフを頼りにしていいのかわかる
  • ジャグラーの正しい台の選び方がわかる
  • ジャグラーの高設定のスランプグラフの特徴がわかる
  • ジャグラーの台選びの注意点がわかる

最近では、どのお店も高性能で見やすいスランプグラフが設置されていますよね。

スランプグラフが右肩上がりだと、ついつい打ちたくなってしまう方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、ジャグラーはスランプグラフで台の良し悪しを判断することはできません。

ジャグラーには正しい台の選び方があるのです。

そこでこの記事では、ジャグラーにおけるスランプグラフの信用性や、正しい台の選び方について解説していきます。

ジャグラーで高設定に座りたいと思っている方はぜひ参考にしてください。



ジャグラーの台選びはスランプグラフを頼りにしてはいけない

結論から言うと、ジャグラーのスランプグラフは一切あてになりません。

なぜかと言いますと、ジャグラーは低設定でもBIGの引きさえ良ければ、綺麗なスランプグラフを形成するからです。

例えば、こちらのスランプグラフを見てください。

設定いくつだと思いますか??

「マイジャグラーのスランプグラフ」

・・・

・・

答えは全台設定「2」です。

いかがでしたでしょうか。

このように、ジャグラーは低設定でも誤爆すると、右肩上がりの綺麗なスランプグラフになってしまうのです。

ジャグラーで勝てていない方は、上記のような「なんちゃって高設定」を打たされている可能性が高いですね。

基本的に、

【高設定を打っている時間>低設定を打っている時間】

となれば、必然的にジャグラー収支はプラスになるはずなので。

そうなっていない方は、ぜひ正しい台選びの知識を身に付けて欲しい限りです。

なお、ジャグラーの正しい台の選び方については「ジャグラーの台選びで重要なポイントを総まとめ!ツモ率を上げるコツとは?」で詳しく解説しています。



ジャグラーの台選びはスランプグラフよりも設定を意識した方がいい

ジャグラーの正しい台の選び方は、スランプグラフで判断するよりも「高設定なのか?低設定なのか?」ということに注目すべきです。

なぜなら、ジャグラーは純粋なAタイプなので、高設定を打つ以外に勝つ方法がないからです。

ジャグラー以外のAT/ART機には天井やゾーンがあるので、低設定でも打ち始めのゲーム数によっては勝つことも可能です。

しかし、ことジャグラーに関してはそうはいきません。

ジャグラーは低設定を打ち続けると、際限なく負けてしまいます。

低設定でも一時的に見れば、引き次第で勝てますが、それはあくまで一時の話です。

低設定は長期的に見た場合は必ずマイナス収支になりますので注意してください。

なので、ジャグラーは「どの台が高設定なのか??」ということを念頭に置いて台選びを行うべきですね。

具体的な手順としては、

店選び

台選び

設定判別

といった流れがジャグラーで勝つための正しいステップです。

なので、まず初めに行うべきことは、ジャグラーに高設定を投入しているお店を探すことですね。

ジャグラーは店選びが全てだと言っても過言ではありませんので。

なお、ジャグラーの店選びの方法は「【地域別】ジャグラーの優良店を探す方法!店選びで必要な4つの必須ツールとは?」で解説しているので参考にしてください。

ジャグラーの高設定はどういったスランプグラフになる??

ジャグラーは本物の高設定であれば、綺麗なスランプグラフを描く可能性の方が高いです。

理由は低設定よりも高設定の方がボーナス確率が優秀だからです。

ただ、ジャグラーは例え高設定でも、ボーナスの引きが悪いと綺麗なスランプグラフを描かないことがあります。

例えば、高設定でも展開が悪いと以下のようなスランプグラフになってしまいますね。

信じられないかもしれませんが事実です。

しかも、現場では設定が見えないので、上記のような展開になってしまうと余裕で捨ててしまうのがジャグラーの恐いところですよね。

ただあくまで一例なので、基本的には高設定なら綺麗な右肩上がりのスランプグラフになる可能性の方が高いです。

その一方で、「高設定でも悪いスランプグラフを描くことある」ということは頭に入れておきましょう。

そうすることで、展開の悪い高設定を拾える可能性も高くなりますので。



ジャグラーの「波理論(スランプグラフ)」には要注意

「ジャグラーは波を読めば勝てる」

「スランプグラフを見れば勝てる台を判断できる」

と熱弁している方がごく稀にいます。

しかし、ハッキリ言ってしまうと、そういった情報は全てデタラメです。

なぜなら、ジャグラーは低設定でも上振すると綺麗なスランプグラフを描くからです。

※大切なことなので敢えて何度も言います( `ー´)ノ

ましてや少ない試行回数のスランプグラフなんて全く宛になりません。(確率は試行回数が多ければ多いほど収束するので)

仮に7,000回転以上回っていて、綺麗なスランプグラフを描いていたとしても私は信用しませんね。

一時、私もスランプグラフで判断すれば勝てるんじゃね??と思っていた時期がありましたが、結果は散々たるものでしたね…。

やはり経験上、ジャグラーはスランプグラフで台を選ぶよりも、「高設定なのか?」ということを意識して立ち回った方が絶対に勝てます。

スランプグラフや台の波から台選びを行っても結果は付いてこないと思うので、しっかりと高設定を打つことを意識して立ち回りましょう。

補足・・・例外として、スランプグラフやボーナス確率を基に立ち回って勝てる場合があります。

ごく稀に、ジャグラーにめちゃめちゃ力を入れているパラダイス店があります。そういうお店を見つける事ができたら、スランプグラフやボーナス確率のみで台選びを行っても勝てますね。

グランドオープンしたばかりの店などは、それだけで信用性が高いので狙い目です。

まとめ

ここまで「ジャグラーはスランプグラフから台の良し悪しを判断できるのか?」という件について解説してきました。

内容まとめ
  • ジャグラーのスランプグラフはあてにならない
  • スランプグラフよりも設定を意識すべし
  • 高設定でも展開が悪いとスランプグラフは汚くなる
  • スランプグラフや波を信じてはいけない

ジャグラーのみならず、パチスロはスランプグラフで台の良し悪しを完全に判断できるわけではありません。

低設定でも引き次第で右肩上がりのスランプグラフになりますし、逆に高設定でも引きが悪いと右肩下がりのスランプグラフになることも重々あることです。

大切なのはやはり「設定」で、長期的に高設定を打つことがパチスロの唯一無二の攻略法だと言えます。

【PR】有料Noteでノウハウを公開中です

このブログの他に「note」というプラットフォームでスロットのノウハウを公開しています。

「スロットで本気で稼ぎたい」「負け組から脱出したい」と本気で考えている人のみ購入して下さい。

スロットは正しい知識のもと立ち回らなければ絶対に勝てません。楽して稼ごうと思ったらそれこそパチンコ店の思う壺です。

本気でスロットで稼ぎたい方だけ参考にして下さい。

スロットの稼ぎ方完全ガイドマップ!負け組から勝ち組になるためのステップを完全解説!








スロットで正しく勝つ方法【完全ガイドマップ】

スロットの正しい勝ち方を有料noteにまとめました。

このnoteには、私の3年間(ガチ稼働の軌跡)が濃縮されています。

【スロットで毎月負けていて困っている…。】という方はぜひお手に取り下さい。

スロットの正しい稼ぎ方【完全ガイドマップ」 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です