スロット立ち回り

2018年のスロット収支をまとめてみた。

みなさんこんにちは!兼業スロッターのミスティーです!

今回は2018年の収支をまとめたので記録として残しておこうと思います。勝っているからと言って自慢したいわけではないので悪しからず…。

とは言っても、他の敏腕スロッターの方と比べたら大した収支ではないんですけどね。まあ兼業なりに頑張ったのではないかと思います!

それでは早速見ていきましょう。

2018年のミスティースロット収支

※クリックで拡大可

トータル収支=+223万9,000円

1か月平均=+18万6,583円

それでは立ち回り別の収支です。

天井狙い・ゾーン狙い収支

打った台数ランキング

1位 ミリオンゴッド凱旋 171台

2位 アナザーゴッドハーデス 116台

3位 バジリスク絆 70台

ハイエナした合計台数=692台

平均時給=2,946円

トータル差枚数=+76,898枚

設定狙い収支

設定狙いトータル収支=+66万2,591円

設定狙いでお世話になった機種ランキング

1位 ジャグラーシリーズ

2位 押忍番長3

3位 ハナビ・バーサス

2018年のスロット収支を振り返る

2018年のスロットも昨年同様「天井狙い・ゾーン狙い」が稼働のメインとなりました。

その中でも積極的に打っていたのは「ミリオンゴッドシリーズ」ですね。

収支の半分以上はこやつらで叩き出しました(笑)

ハイエナ人口の増加で、昨年より拾いにくい状況ではありましたが、そこはボーダーを下げてうまい具合に立ち回ることができました。

凱旋・ハーデスを600ゲーム代から打つと収支は非常に荒れてしまうのです…。

途中、「万枚出て万枚負ける」みたいな展開もありました。

それでも、台数をこなすことさえできれば勝ててしまうのが凱旋・ハーデスの良いところだと思います。

凱旋・ハーデスで勝てていない人は、ボーダーが高く「台数をこなせていない」という特徴があります。

結果が付いていない人はもっとガンガン台数をこなして、確定役を収束させていかないと中々結果は付いてこないと思いますね。

また、設定狙いに関しては、前半までは調子が良かったのですが、後半から設定状況が一変しました。

設定師変わったの??っていう位急に設定が入らなくなりましたね。これがあるから設定狙いは…(-_-;)

それでもジャグラーはちょこちょこツモれていたので、今年もプラス収支で終われたので良かったです。

まとめ

2019年は6号機が続々と登場してきていますよね。

しかも、ほとんどが天井狙い向きっていう(笑)

多くの方が、

  • 聖闘士星矢SP
  • リゼロ
  • 猛獣王

あたりが稼働の軸になると思います。

天井狙いだけしていれば、トータルで負けることはまずないので、今後も天井狙い+ジャグラー(その他Aタイプ)の設定狙いが稼働の中心になると思いますね。

で、最終的な野望が私にはあります。

それは「Aタイプの設定狙いオンリー」といった立ち回りにシフトすることです。

ぶっちゃけもうゾンビみたいにホールを徘徊したくないんです(´;ω;`)

綺麗に勝ちたい!バシッと1発で高設定に座りたい!

と思っています。

その為にはホール選びが重要なので、今年は新規開拓もガンガン行っていこうと思います!

ではこのへんで!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です