パチンコ依存症のチェックシートの矛盾点について考えてみた

illust201

GA(ギャンブラーズ・アノニマス)が公表しているギャンブル依存症の基準

ギャンブルのために仕事や学業がおろそかになることがあったか?

ギャンブルのために家族が不幸になることがあったか?

ギャンブルのために評判が悪くなることがあったか?

ギャンブルをした後で自責の念を感じることがあったか?

借金を払うための金を工面するためや、金に困っている時に、何とかしようとしてギャンブルをすることがあったか?

ギャンブルのために、意欲や能率が落ちることがあったか?

負けたあとですぐにまたギャンブルをして、負けを取り戻さなければと思うことがあったか?

勝ったあとですぐにまたギャンブルをして、もっと勝ちたいという強い欲求を感じることがあったか?

一文無しになるまでギャンブルをすることがよくあったか?

ギャンブルの資金を作るために借金をすることがあったか?

ギャンブルの資金を作るために、自分や家族のものを売ることがあったか?

正常な支払いのために、「ギャンブルの元手」を使うのを渋ることがあったか?

ギャンブルのために、家族の幸せをかえりみないようになることがあったか?

予定していたよりも長くギャンブルをしてしまうことがあったか?

悩みやトラブルから逃げようとしてギャンブルをすることがあったか?

ギャンブルの資金を工面するために、法律に触れることをしたとか、しようと考えることがあったか?

ギャンブルのために不眠になることがあったか?

口論や失望や欲求不満のために、ギャンブルをしたいという衝動にかられることがあったか?

良いことがあると、2、3時間ギャンブルをして祝おうという欲求が起こることがあったか?

ギャンブルが原因で自殺しようと考えることがあったか?

7項目以上に該当するとギャンブル依存症と診断されるみたいです。

ちなみに僕は、15項目当てはまりました笑

やってみて思ったのは、「ギャンブル依存症チェックシート」の項目って、ギャンブル依存症の人じゃなくても高確率で当てはまるんじゃない?って事。

寝むたくても、お腹が空いてても、約束があっても、それら全てを忘れてしまう位夢中になってしまう。

いけない事なんですけど、そこがギャンブルの魅力、人々を引き付ける所だと思うんですよね。

「ギャンブル依存症チェックシート」の項目にほとんど該当しないで、パチンコ・スロットと付き合える人はこの世に存在するんですかね??

確変やATを捨てでも約束を守る人。

そんな人間はそもそもパチンコ何てやりませんよね(笑)

まとめ

ギャンブル依存症チェックシートは、そこまで気にしなくてもいいのかなと個人的には思います。

というか、チェック項目が厳しすぎます。

お金より約束を選べる人じゃなかったら=ギャンブル依存症って鬼畜だろ!って思いました。

連絡入れれば少しくらい遅れてもいいんじゃない?って思いません?(笑)

その代わりにご飯を奢ってあげれば相手も喜びますしね♪

という楽観的な考えがすでにギャンブル依存症なのかもしれませんね・・・(´;ω;`)