9ed853b6     スポンサーリンク

なぜパチンコは人をダメにするのか・・・

今の僕は人の事を上から目線でダメ人間だとか言える立場ではありません。

 

なので僕も含め言える事です。

 

パチンコばかりしていると大半の人は負け続ける事になります。

 

そして、負け続けると人は嫌な人間になります。

 

それは当然ですよね。

 

一生懸命働いたお金をギャンブルで失う事以上に辛い事はないと思います。

 

具体的に僕が思うパチンコ・スロットで負け続けて嫌な人間になってしまった人の特徴はこんな感じです。

 

・ネガティブな発言が多い

・お金に汚い

・身だしなみが汚い

・人に嫌われるような言動ばかりする

 

そして、パチンコ・スロットの怖い所は勝ち続けても嫌な人間になる場合が多いという事です。

 

これは不思議ですよね。

 

なぜこのようになるのか?

 

普通はスロットで勝てればハッピー(^^♪

 

みたいな。

 

このようなイメージを持つと思います。

 

ですが、、、

 

全然そんな事はありませんでした。

 

理由はいくつかあります。

 

まず、パチンコ・スロットで勝ち続ける事はこのご時世簡単な事ではありません。

 

普通に働いた方が精神的にも体力的にも楽なんじゃないか?

 

そんな考えが僕は今でも何回も頭に浮かびます。

 

なぜ楽じゃないのかと言うと、勝つ為に真剣にパチンコ・スロットと向き合っている人間って意外と多いからです。

 

僕はやり始める前、その辺の認識を甘く考えていました。

 

パチンコ・スロットで勝つ為に一生懸命やっているのはなにも自分だけじゃないんです。

 

みんな生活、人生をかけてやっているんですよね。

 

だから、、、

 

勝つ為だったら反則行為ギリギリの事もしなければならないし、しないと生き残れないんですよね。

 

反則行為ギリギリとは・・・

 

・おじいちゃんおばあちゃんの後ろに張り付いてハイエナをする

・必要以上に店内を徘徊する

・代打ちを雇いお店に投入されるであろう高設定を独占する

・一時的な台の掛け持ち

・ライバルが居心地が悪くなるように仕向ける

これらの行為ってあまりいい事ではないですよね。

 

胸張ってこうやって勝ってますって世間に言えないですよね。

 

でもこれくらいは当然のようにやれないと今のパチンコ・スロットで勝っていくのって難しいんです。

 

これが現実です。

 

自分が生き残る為だったら人に嫌われるような行為も平然と行えるようにならないといけない。

 

これが勝ち続けても嫌な人間になる理由です。

 

あくまで僕の意見ですけどね(>_<)

いつもこのブログを見て頂きありがとうございます。

この記事を見て何か少しでも為になると思って頂けたのであれば応援クリックお願いします。


にほんブログ村


ギャンブル依存症 ブログランキングへ