考えてみたシリーズ 禁パチ方法について ギャンブル依存症 投稿一覧

勝ってもまた打ちに行ってしまう心理

iStock_000015856293_Small     スポンサーリンク

いい所でやめられないのがギャンブルであり、そしてまた深みにはまっていく。

なぜあんなに嫌な思いをしたのにも関わらず、そこでやめられずまた打ちに行ってしまうのか。

 

僕なりに考えて辿り着いた結論はあります。

 

大負けしてもう二度とパチンコには行かないと誓ったのに、次の日にはパチンコ・スロットを打ちに行っている。

 

こんな事、日常茶飯事ですよねパチンコ依存症の我々にとって。

 

わかっていてもやめられない。

 

なんでなんでしょうかね本当・・・

 

原因を追究していくと、原因は脳にあるみたいです。

 

人間の脳は嫌な記憶はできるだけ忘れるように作られています。

 

それ以外にもギャンブルをしている最中って、脳内麻薬が沢山放出されています。

 

これらが依存症のメカニズムであり、我々がやめられない原因なんです。

 

ギャンブル依存症のメカニズムって、薬物依存症のメカニズムとあまり変わらないんですよね結局。

 

薬物依存症=ギャンブル依存症といっても過言ではないと思いますよ本当。

 

とまあ、理屈をあれこれ言っても仕方ないので、じゃあどーすりゃいいんだよって話なんですが、ぶっちゃけ今の段階では対策方はありません。

 

ギャンブル依存症を治す方法は今現在の段階では無いというのが答えです。

 

一生戦い続けなければいけない病気です。

 

生活に支障をきたしてしまうほど毎月負けてしまっている人は本当に辛いと思います。

 

僕もそうでしたからね。

 

だけど、あまり悲観的にならずにやめ続ける努力をしていれば、いずれはパチンコなんて忘れてた。

 

そう思える日が来るかもしれません。

 

実際に僕の友達なんかでも昔はどっぷりやってたけど、今は殆どやらない何て奴も沢山いますしね。

いつもこのブログを見て頂きありがとうございます。

この記事を見て何か少しでも為になると思って頂けたのであれば応援クリックお願いします。


にほんブログ村


ギャンブル依存症 ブログランキングへ

-考えてみたシリーズ, 禁パチ方法について, ギャンブル依存症, 投稿一覧