禁パチ方法について解説!1パチ・5スロの危険性とは?

m

1パチ・5スロの落とし穴

「1パチ・5スロが趣味なんです。」

なんて方は、最近とても多いのではないでしょうか。

時速一万円無くなる昨今のスロットやパチンコに嫌気がさし、近年は、少ない金額で長く遊ぶ事ができる1パチや5スロに魅力を感じる人が増えています。

しかし、パチンコ・スロットの遊技人口は年々減少している傾向にあるので、1パチ・5スロからも回収しなければならない現状があります。

その位経営が昔と比べて楽ではないのでしょう。

1パチに関しては、釘がひどく「全然回らない」って話をよく聞きます。

5スロに関しては、全然設定が入らない。

でも、それは当たり前の事何じゃないかなって思うんですよね。

なぜかと言うと、1パチ・5スロで、お客さんが勝てるような調整にしてしまったら、お客さんにとってメリットしかないですからね。

低リスク、低投資で遊べて、尚且つ、小銭も稼げる。

そんなうまい話はないです。

1パチが4パチより釘が厳しくなるのは当たり前の話です。

5スロも同じ原理で、20スロより設定状況は悪くなります。

パチ屋の狙い

じゃあ結局お店の狙いって何なのか?

って事になりますが、こういう事だと思います。

1パチでそこそこ負けさせてイラつかせて4パチに誘導する。

このパターンは王道で、店の狙いの中でも重要な1つです。

元々4パチ20スロにどっぷり浸かっていた人は、このパターンから逆戻りしてしまう事は多いのではないでしょうか。

1パチでまず遊ばせておいて、少額負けさせる。

1パチでも結構使うという事に気付かせて、その後4ぱちへ誘導する。

心理的には、

「何だ1パチでもそこそこ使うなら4パチやったほうがいいじゃん」

ってなるんですよね。

4パチに連れ戻し、ミドル台やMAX台などの回収率の高い台を打ってもらいお店の最大収益を得る。

これがパチ屋の狙いです。

1パチ・5スロという撒餌で、4パチ・20スロに釣り上げる。

お店側としては、4パチの方が単純に4倍儲かるので、手っ取り早いですし効率がいいですからね。

1パチって、遊ぶ事はできたとしても、勝つのは4円パチンコよりもや難しいんですよね。

先ほども言いましたが、1パチで出る台(良く回る台)を置いてしまうと、店は何のメリットもないからです。

パチ屋は莫大な運営費用が掛かります。

  • 店内の改装費
  • 新台の購入費
  • 電気、ガス、水道代金
  • 人件費
  • セキュリティー費用

お店はあくまでビジネスでやっているわけですからね。

その日だけで見たら、たまたま勝つ事があるかもしれませんが、長い期間1パチ・5スロを続けていると、少しずつ今までの勝ち分を削られていき、お金は無くなっていきます間違いなく。

イメージとしては、高額のゲームセンターで遊ぶみたいな感じですかね。

そして、最近は遊ぶ事すら中々出来なくなってきているみたいです。

1パチは4円パチンコに引きずり込む為の撒餌だという事を肝に銘じておきましょう!