スロットで喰う!!

スロットで勝つための情報提供ブログ

パチンコ依存症

禁パチ失敗後の立て直し方について考えてみた

更新日:

b2f7becf0d87dafc62c513050537d6de_s     スポンサーリンク

気分は最悪だしやる気も失いました。

スリップしている時は本当に最悪な気分でした。

 

自分への罪悪感や、お金と時間を失っていく事、本来やらないといけない事をやれていないなど。

 

ギャンブルで負けるという事は、人生で大切な物、全てを失うと言っても過言ではないと思う。

 

大量の時間と(50時間くらいはジャグラー打ってましたね)現金5万円位失ったのですが、その50時間の過程としては勝ったり負けたりもあったんで、引くに引けなくなってしまいました。

 

こんな事を10年くらい繰り返しているんで、正直疲れます...。

 

かなりメンタルも削られました。

 

仕事にも影響をきたすし、一生懸命働いて得たお金を簡単に失うし、何一ついい事がないです・・・

 

5万円負けて、ようやく目が覚めました。。。

 

中途半端に負けてると、まだ取り返せるかもしれないって思って、中々戻ってこれないのがスリップ中の心理状態。

 

その分、時間も大量に削られる。

 

一回行って、一撃で大負けした方が早く戻ってこれるんで、その方が結果的にはいいんじゃない?って考え方もあるくらいです。

 

とにかく絶望的な気分を味わい、やる気も失い、心も身体も疲労しきったのですが、死ぬわけにはいかないので、もう一度ネジを巻き直して頑張っていきたいと思います。

 

その為に僕が実践した事を紹介します。

 

今までは、スリップから立ち直る時には、気合とか時間が解決してくれる事を頼りにしていました。

 

でも、今まで通りにやっても駄目だと思ったんで、脳科学的な視点からみて科学的に効果があると思った方法を試してみました。

新たな治療法 セロトニン療法

セロトニンの効果は、ドーパミン(快楽、興奮)や、ノルアドレナリン(不安や恐怖、緊張)に対して、これらの脳内物質を抑制する作用があると言われています。

 

パチンコで、興奮状態にある脳を抑制する事で、とりあえず落ち着きを取り戻す事ができるんじゃないか?!って思ったんで、とりあえず太陽光をこれでもか!!ってくらい、浴びるようにしています。

 

パチンコ依存症の人は、セロトニンが不足しているので、ちゃんとセロトニンが生成されれば、落ち着きを取り戻せるのではないのでしょうかね。

 

スロットに夢中になってる時や、負けが込んで冷静さを欠いている時は、とにかく負けを取り返したい!ってのが心理状態ですよね。

 

冷静に考える事が出来なくなってるんです、脳内が暴走しているから。

 

ギャンブル依存症は脳と心の病だから、まずは脳の方の治療に専念したいと思います。

 

[ブログランキング参戦中です♪クリック一つで頑張れますので応援お願いします!!]


にほんブログ村

ギャンブル依存症 ブログランキングへ

-パチンコ依存症

Copyright© スロットで喰う!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.