スロットで勝ちたきゃジャグラーは打つな!鬼畜過ぎるゲーム性・勝てない理由について解説!

もしあなたがスロットで真剣に勝つことを考えているのであれば、ジャグラーは打つべきではありません。

ジャグラーは人気こそはありますが、「パチスロで稼ぐ」ということに重点を置いた場合、また別の話になってきます。

この記事では、なぜジャグラーを打ってはいけないのか。

その理由について徹底解説していきます。

ジャグラーを打ってはいけない理由について

なぜジャグラーを打たない方がいいのか。

その理由はいくつかあります。

  • 設定が入らない
  • 設定判別がしにくい
  • 機械割が低い
  • 時間を食われる
  • ライバルが多い

が具体的な理由です。

それぞれ詳しく解説していきます。

設定が入らない

ジャグラーという機種は、ホールにある機種の中で「最も高設定が入りずらい機種」と言っても過言ではありません。

設置台数こそは一番多いのですが、「高設定投入率」は低いのが現状です。

※設置台数の割に高設定が使われる事が少ない。

よく考えて欲しいのですが、そもそもジャグラーに高設定を使う必要ってないんですよね。

どういう事かと言うと、ジャグラーという機種は、高設定を入れなくても高設定っぽい台が勝手に出現するからです。

設置台数が多いのは、偽物の高設定が表れやすくする為のホールの狙いだとも考えられます。

設置台数が20台もあれば、ボーナス確立が設定5・6の数値で推移する台が2~3台程度は出てきます。

実際に、、

「ボーナス確立が高設定域で推移している台を打っても勝てない。」

といった経験をした事がありませんか?

つまり、あなたが普段高設定だと思っている台は、「偽物」である可能性が高いということです。

本当の高設定だった場合、勝てる可能性の方が圧倒的に高いですからね。

ましてやAタイプなので尚更です。

中には本当の高設定を使っているお店もあるでしょう。

しかし、ジャグラーに本物の高設定を使う店はかなりまれだと思っておくべきです。

実際に私はこの数年間、数々のホールをこの目で確認してきましたが、真の高設定を使うお店は20店舗中1店舗あればいいくらいですね。

しかも、その高設定って設定6なの??

って話なんですよ。

実際は設定4もしくは5が大半でしょう。

設定6を使うなら、設定4を3台使った方が見栄えも良くなりますし、多くのお客様に喜んでもらえます。

設定判別がしにくい

結論から言うと、ジャグラーの設定判別はほぼ不可能です。

ジャグラーのアプリで数百万回転の試行を行いましたが、設定4でも1日単位では8,000枚出たりもします。

つまり、ジャグラーをボーナス確率だけで設定判別することは出来ないという事です。

1日回せばおおよその設定は見えてくるかもしれませんが、それはあくまで「高設定を使うお店・使う日に打っている」ということが前提での話です。

例えボーナス確率が高設定の確率で推移していたとしても、「低設定が上振れしているだけ」という可能性も考えられますのでね。

機械割が低い

ジャグラーの機械割は他の機種と比べて明らかに低いです。

番長3やバジリスク絆と比べると、その割の低さは一目瞭然です。

番長3の機械割

  • 設定1 98.2%
  • 設定2 99.4%
  • 設定3 101.6%
  • 設定4 106.7%
  • 設定5 116.0%
  • 設定6 119.3%

アイムジャグラーの機械割

  • 設定1 96.9%
  • 設定2 97.8%
  • 設定3 99.9%
  • 設定4 102.0%
  • 設定5 104.2%
  • 設定6 106.6%

ただでさえ設定判別が難しい機種なのに、やっとこさ掴んだ設定6が106%~109%じゃ話になりません。

ジャグラーシリーズ特有の機械割の低さも勝ちにくい理由の1つです。

時間を食われる

「時間って大事ですよね」

時は金なり(time is money)です。

ジャグラーって大事な時間を食う悪魔なんですよね。

「設定判別がしにくい=そこそこ回さなきゃいけない

という事に繋がりますので。

1,000回転・2,000回転回したくらいじゃ何もわかりません。

しかも、低設定でもたまたま出る事もよくあるので、そうなってくるとますます辞めれなくなります。

3,000回転回して2,000枚出たけど、その後まさかの全のまれ。

何てこと、よくありますよね。

 

ジャグラーは時間を食う悪魔なんですよ。

ライバルが多い

ジャグラーはただでさえ、

  • 高設定を使う店が少ない
  • 設定判別がしにくい

といった機種なのに、ライバルは多いんですよね。

ジャグラーの高設定を狙っている、おじちゃん・おばあちゃんって多いんですよ。

中には、ジャグラー専門のプロもいます。

そういった環境の中で、わざわざ戦う必要ってあるんですかね。

順調に出ている台は中々空かないですしねー。

ハイリスク・ローリターンな機種なのに、ライバルは以上に多いのがジャグラーです。

まとめ

ここまで、「ジャグラーの勝ちにくい理由」について解説してきました。

スロットで勝ちたいなら、ジャグラー以外の機種で立ち回った方が効率が良いです。

ジャグラーの高設定はボーナスがポコポコ当たるので楽しいですが、パチスロで真剣に勝つとなると話は別です。

楽しさよりも、期待値の稼ぎやすさに重点をおきましょう。

設定狙いをするなら、番長3やバジリスク絆を狙った方がリスクも低いですし、積もった時のメリットも大きいです。

もしくは天井狙い・ゾーン狙い・パチンコの良釘狙いなどで期待値を追ってもいいかもしれませんね。