ハイエナVSアルバイト!稼げる金額を比較!どっちが人生の期待値は高い?

こんにちは!クレストです!

最近思うこと…。

「ハイエナするならアルバイトした方が稼げるのでは?」

こう考えるようになりました。

※ここでは、正社員で働くという選択肢はなしです。あくまでアルバイトとハイエナの比較になりますので。

昨今のハイエナ稼働は、天井狙いできる機種が少ない&ライバルの増加などで、稼げる期待値の量が以前より少なくなりました。

「稼げなくなる=働く」

という選択をする方もいると思うので、

「アルバイト」と「ハイエナ」

どちらの方が効率よく稼げるのか考えていきたいと思います。

アルバイトのメリットについて

アルバイトで稼げる金額は、日当8,000円~12,000円が相場です。

アルバイトはスロエナと違い、安定して稼げるのがメリットですよね。

それ以外にも、様々なプラス要素があります。

  • 人との出会い
  • 働く業種のスキルが身に付く
  • 履歴書に記載できる
  • 自信が付く

などなど・・・

アルバイトをするメリットは数多く存在します。

アルバイトのデメリットについて

アルバイトをする上で思い当たるデメリットは以下です。

  • 時給がそこまで高くないのにハードワーク
  • 職場によってはイジメなどもあり得る
  • 拘束時間が長い(通勤時間など)

といったデメリットが考えられます。

しかし、このようなデメリットは、アルバイトだけに限ったことではありません。

派遣社員でも正社員でも同じです。

「働く」という選択肢を選んだ以上、必ず付きまといますからね。

ハイエナのメリットについて

2018年10月現在でも、時給2,000円程度で立ち回ることは現実的に可能だと思います。

※あくまで私の場合。地域やライバルの多さによって変わります。

ただ、、、

あくまで打っている最中の時給なので、台を探している時間を踏まえたら、時給1200円~1,400円くらいが現在の相場だと思います。

まぁ、それでも「高時給」だという事に変わらないですけどね。

他には、

  • 煩わしい人間関係に縛られない
  • 自分のペースで稼働できる

といったメリットもあります。

ハイエナのデメリットについて

ハイエナのデメリットは以下の通りです。

  • 稼げるのはあくまで「期待値」
  • 場合によっては収入0もあり得る。
  • リスクを抱えている割にそこまで稼げない
  • 収入が安定しない
  • ギャンブル依存症になるリスク

などなど・・・

ハイエナの場合、稼げるのはあくまで期待値なので、下振れなんかくらうと、2〜3ヶ月くらい「無収入」なんてこともあり得ます。

稼働に費やせる時間によって、取れる期待値量は変わってきますからね。

少ない時間しか稼働に費やさないのであれば、無収入期間を乗り越えられるだけの貯金がないと厳しいかもしれませんね。ハイエナの場合。

結果発表!

「ハイエナ」VS「アルバイト」の勝敗は、

アルバイトに軍配が上がります!

なぜアルバイトの方がスロエナより上なのか。

理由は、将来的に考えた場合、アルバイトをやった方が期待値が高いからです。

ただ、、、人生が追い詰められていて、即金性しか求めていないのであれば、ハイエナで稼ぐのもありだと思います。

それでも、メリットどデメリットのバランスはアルバイトの方が上です。

ですので、できる事なら真面目に働くべきです。

スロエナにしがみつくのもありですが、「それ相応のリスクがある」という事は理解しておくべきですね。