ジャグラーの「やめ時」について徹底解説!回転数はどのくらい?

「いつやめようかな…」

「まだ出るかもしれないしな…」

なんて考えてる内に、出玉が全て飲まれてしまうから、ジャグラーって怖いですよね!

そうならない為にも、ジャグラーの「正しいやめ時」を把握しておくことは重要です。

でないと、いつまでも経ってもジャグラーで結果を残すことはできませんのでね。

ここでは、ジャグラーの「最も損をしないやめ時」について解説していきます。

ジャグラーの最も最適なやめ時とは??

ジャグラーの最も最適なやめ時は、自分が打っている台の「状況次第」なので、ここで止めれば1番損をしないと断言することはできません。

自分が打っている台が「高設定濃厚」という状況であれば、一回転でも多く回すべきですし、逆に、低設定っぽいのであれば、一回転でも速く見切るべきです。

自分が今打っている台の「設定」によって、やめ時を判断していくのが、正しい考え方です。

一番やってはいけないのは、「オカルトで継続か否か」を判断することです。

例えば、明らかに低設定っぽいのに

「大ハマり後だから200回転までは様子を見よう」

とか、

「連荘後だから100回転を超えたらやめよう」

といった、なんの根拠もない考えを基に、やめ時を判断することは危険です。

Aタイプには「モード」や「ゾーン」といった概念がありませんのでね。

やめ時は、あくまで「設定次第」ということをしっかりと頭に入れておきましょう。

よくある間違った考え! 激おこ!

「高設定だったらブン回した方がいいなんてわかってる」

「それを踏まえた上で、最も得するやめ時を知りたい」

といった方もいるでしょう。

ただ、それでも私は、どんな展開であれ高設定なら一回転でも多く回すべき。

と言い続けます。

なぜこんなにも私が回転数にこだわるのか。

それは、私の信念の一つとして「期待値をより多く稼ぐことがスロットで勝つ為の必須条件」だと確信しているからです。

「期待値って何?」

って方は「Slotcollege スロットカレッジ」でわかりやすく解説しているので勉強してください。

期待値を多く稼ぐこと=ピークを無視してでも、とにかく回転数にこだわること。

となるのです。

しかし、期待値を理解していないと、このような脳内処理を行えません。

さらには、

「高設定でも、ピーク時でやめた方が得なのでは??」

という考えにも至ってしまいます。

確かに、このように思う気持ちは良くわかります。

私自身、「負け組養分スロッター」だった頃は、同じように考えていましたのでね。

でも、この考えは間違いなんです。

なぜ正しいやめ時を判断する上で、期待値を理解することが重要なのか。

詳しく解説していきます。

オカルトを排除した正しい考え方(Aタイプ版)

ここでは、オカルトでやめ時を判断しないために、「期待値を踏まえた上でのやめ時」について考えていきます。

マイジャグラーを例に考えていきましょう。

マイジャグラーの設定6の機械割は約111%です。

ところで、これを一回転辺りの期待値に細分化し、金額に換算すると、いくらになるかわかりますか??

※等価で計算

ちなみに、期待値を理解している人や、設定狙いで勝ち続けているプロは、瞬時に答えを出せます。

この答えにつまずいているようでは、ジャグラーどころか、スロットで勝つことすらできないでしょう。

・・・

・・

答えは、一回転辺りの期待値は6.6円です。

【計算式】

回転数×3(投入枚数)×ペイアウト率(111%)=期待枚数

期待値×20=期待収支

となります。

3000回転回したと仮定して計算してみましょう。

3000×3×0.11=990枚

990×20=19800円

19800円÷3000回転=6.6円

となります。

すなわち、一回転回すごとに、6.6円分の期待値を稼ぐことができるという事です。

だから私は、高設定であれば、「一回転でも多く回すべき」と再三にわたり言っているのです。

理解して頂けましたかね。

「今一ピンとこない」

「もう少しかみ砕いた解説をして欲しい」

といった方は、必ず期待値の意味を正しく理解してください。

Slotcollegeスロットカレッジ

でないと、勝てるもんも勝てないです。

期待値はそれくらい重要ですからね。

スランプグラフとやめ時の関連性

完璧なやめ時を目指してはいけません。

とにかく設定判別をして、高設定であればたこ粘り。

これがジャグラーの常勝スタイルです。

高設定を打ち続けていれば、スランプグラフも綺麗な右肩上がりになりますのでね。

・・・

・・

と言いたいところなのですが、そうもならないから厄介なんですよね( ˘ω˘ )

例えば、よく見るこんなスランプグラフ。

あなたも目にしたことがあるでしょう。

一番悔やむパターンです。

お次はこちら。

一番納得のいく形。

誰もがこのような形を目指している事でしょう。

お次はこちら。

後ちょっとで最強系を逃す形。

欲を出さずにやめておけば、ピークだったので悔しいですよね。

このように、様々な形のスランプグラフが存在します。

どのスランプグラフにも共通して言えることは、高設定であれば右肩上がりになるということ。

一時的に見れば、やめ時によって多少の収支の増減はありますが、長い目で見れば、どのスランプグラフも綺麗な右肩上がりのグラフになるのです。

正しくやめる為に

ここまで、ジャグラーのやめ時について解説してきました。

まとめると

  • 高設定は一回転でも多く回すべき
  • 期待値を理解してオカルトを信じない
  • スランプグラフに惑わされない

といった事が、やめ時を判断する上で重要なポイントです。

しかしながら、これらの事は頭ではわかっていても、中々実行するのが難しかったりもするんですよね…。

そもそもジャグラーつて、設定推測すること自体が、難しいですし…。

低設定を素早く見切ることができずに、「ズルズル打ち続けて大負け」なんてことはジャグラーあるあるです。

そうならない為にも、しっかりと高設定投入店を見極めることは重要です。

そうすれば、自ずと正しく止めることもできますのでね。

ジャグラーの「高設定投入店舗の見抜き方」や「設定投入のクセの見抜き方」については設定6を掴むためのジャグラー営業裏話で詳しく解説されているのでおすすめです。

きっとあなたのお役に立つでしょう。