スロットで喰う!!

スロットで勝つための情報提供ブログ

立ち回り考察

設定狙いで勝てない原因と立ち回り方について解説!

更新日:

「高設定が中々打てない」

「いつもライバルに高設定を取られてしまう」

と悩むスロッターはとても多いのではないでしょうか。

スロットで勝つには「高設定を打つ」ということが必須の条件です。

高設定を打てないということは=敗北を意味します。

したがって、敗北しないために「正しい設定狙いの立ち回り方」を学ぶ必要があるのです。

今日は、私の設定狙いの勝ち方をお教えしていきます。

設定狙いはなぜ勝てないのか

設定狙いで勝てない主な原因は以下の通りです。

  • 還元日がわからない
  • 設定が入らない
  • 狙い台が絞れない
  • ライバルが多い

これらの負け要素を全て潰すことができれば、あなたは設定狙いで勝てるようになります。

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

還元日を知ることがはじめの一歩

設定狙いはなぜ難しいのかでも言いましたが、設定狙いをする前に、お店の還元日(お店が出す日)を把握することは重要です。

なぜなら、設定が入っているのかわからない状況下で行う設定狙いは、難易度がとても高いからです。

難易度が高いと、当然リスクも高まりますし、大負けする確率も上がります。

ですので、いつお店は設定を入れるのか。

シビアに見極めていきましょう。

設定狙いで勝つためには、還元日を把握してから以下のプロセスを踏んでいきます。

どの機種に設定が入るのか。(機種の特定)

設定が入りやすい位置はあるのか。(クセの把握)

狙い台を定める。

これが設定狙いを行う際の正しい手順です。

もしあなたが、このような手順を踏めていないのであれば、見直してみてください。

きっと何かしらの間違いがあるはずです。

還元日の見極め方・データのとり方・クセの見抜き方についてはきずなBOXで詳しく学べます。

ぜひ参考にしてください。

マイホに設定が入らない

設定が入らないお店であなたは設定狙いをしていませんか?

「本当に高設定を使っているのか」

しっかりと見極めていきましょう。

AT機であれば「確定演出」が出ているのか。

花火(HANABI)のビッグ中ハズレの有無の確認。

ジャグラーであれば、ビッグ回数・レグ回数ともに、40回以上付いている台が多数存在するか。

それ以外にも、カチカチ君を使って子役を数えている人はいるのか。

といった、ありとあらゆる情報を元に「設定狙い」ができるお店なのか否か見極めていきます。

もしこれらの高設定示唆や、挙動を示す台が見当たらないのであれば、そのお店で設定狙いを行うのはやめておきましょう。

ボッタクリ店である可能性が高いです。

狙い台が絞れない

「いつ高設定が入るのか」を見極めることができても、どこに入るのか読めなければ、一向に高設定にだどりつく事はできないでしょう。

ですので、自分なりの読み筋をしっかりと構築していくことも重要です。

私のおすすめの狙い台の絞り方は、「消去法」を用いた狙い台の絞り方です。

なぜ消去法がいいのかというと、中々一発でツモるのも正直難しいからです。

本当は狙い台を定めて、一発で決めたいところでもあるのですが、中々そう上手くはいきません。

お店側としても、「なるべく色々な人に高設定を打ってもらいたい」という側面もあると思いますし、そもそもクセがあるとも限りません。

したがって、ここには絶対に入らないという箇所を見極めて、ツモ率を上げていくことが重要なのです。

例えば、

バジリスク絆全9台の中で、「角には絶対に入らない」というクセがもしあったとしたら、狙い台は「9分の1」→「7分の1」に絞り込むことが可能です。

その他にも、過去のデータや、設定投入のパターンなど、ありとあらゆる角度から狙い台を絞り込んでいきます。

そうすれば、ただ単に運任せで台を選ぶよりも、ツモ率は確実に上がるでしょう。

ライバルが多い

設定狙いを行う上で、ライバルの存在はつきものです。

ましてや、高設定を使う優良店であれば、その数も多いはずです。

「じゃあ一体どうすればライバルに競り勝つことができるのか」

ということなのですが、その方法は、私が思うに、台の見極めの早さ&周りの状況把握にかかっています。

高設定狙いが上手い人に共通して言えるのは、この能力が極めて高いということです。

台の見極めの早さとは、自分が判別している台が、上なのか下なのか「いかに早く見極めることができるか」ということです。

この精度を上げていけば、その分ライバルよりも打てる台も増えるので、高設定にたどり着ける可能性も上がります。

また、早く低設定を見切ることができるのもメリットです。

その分負け額も減りますのでね。リスク軽減にも繋がります。

次に、周りの状況把握です。

これは、自分が判別している台以外の台の挙動を把握する能力のことです。

例えば、2個隣の台で強い高設定示唆が出ていたのを確認することができれば、自分の台は「ハズレである可能性が高い」と予測することが可能です。

このように、自分が打っている台以外の挙動や、その他各島の状況を把握することも、設定狙いでは重要なファクターなのです。

設定狙いは簡単ではないからこそ挑戦する価値がある

ここまで見てご理解いただけたと思うのですが、設定狙いは一朝一夕でツモれる程甘いものではありません。

多くの経験・スキル・機種ごとの知識といった、様々な能力を身に付ける必要があります。

ツモれるようになるまで、多くの時間もかかりますし、ある程度の場数も必要でしょう。

ですので、始めはツモれなくて当然なんです。

諦めずに挑戦し続けた人が高設定にたどり着けます。

難しいかもしれませんが、逆に言えば、簡単ではないからこそやる価値があるのではないでしょうか。

そもそも簡単でしたら旨味はありませんよね。

簡単ではないからこそ、設定狙いを極めることができれば、一人勝ちすることができるのです。

もしあなたが、これより更に踏み込んだ「設定狙いのスキル」について学びたいのであれば、きずなBOXを利用することをおすすめします。

きずなBOXでは以下のスキルについて詳しく解説されています。

  • 設定狙いのノウハウ
  • データのとり方
  • クセの見抜き方
  • 還元日の見抜き方

なぜきずなBOXで学ぶ事ををおすすめするのか。

その理由は、単純に設定狙いを一番知っているのは、ぱぴーさん(人気ユーチューバー)だと私は思うからです。

設定狙いの組織として現在も活躍もしていますし、何より4号機時代から設定狙いで勝ち続けている人なので経験が豊富です。

是非参考にしてみてください。

きっとあなたのお役に立ちますよ☆

↓↓↓

きずなBOX

-立ち回り考察

Copyright© スロットで喰う!! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.