考えてみたシリーズ 禁パチ方法について ギャンブル依存症 治療法 投稿一覧

お正月のパチンコ店速報!

2018/01/05

009780     スポンサーリンク

さあ正月だ!パチンコだ!ギャンブル依存症の再発だ!

皆さん明けましておめでとうございます。

 

年末から今日まで僕はパチンコ屋に毎日行っています。

 

で、店内の状況なんですけど、お客さんでいっぱいです。

 

今年から新規性が加わり、業界は衰退していくと言われていますが、とてもそうなるとは思えませんね。

 

そのくらい、みんなパチンコ・スロットに熱中しているように見えます。

 

僕が年末からお正月シーズンのパチンコ店を見てきて思った事は、お客さんの大半は40代~60代の方なんだなって。

 

地域差はあると思いますが、僕が住んでいる地域はそうです。

 

この世代の人達って年末は打ち納め。

 

お正月は初打ち。

 

これらが毎年恒例になっていて、このような方々がいるから、今までパチンコ屋さんは続いてこれたんだろうなーなんて事を思いました。

 

これらの方々がいなくなったら本当にもう終わりなのかもしれません。

 

今の若い人達ってパチンコ・スロットを殆どやりませんからね。

 

パチンコ・スロットやる奴=ダサいみたいな。

 

そんな風潮すらあるみたいです。

年末からお正月にかけてパチンコ依存症が再発してしまった人

僕もサラリーマン時代は年末からお正月にかけてパチンコ依存症をよく再発させていました。

 

何なんですかね。

 

無性にお正月ってパチンコに行きたくなるんですよね。

 

僕だけでしょうか?

 

今年最初の運試し!

 

みたいな。

 

いやいや、そんなのただの打つ為の言い訳だから。

 

運試しなら他の事でもできるでしょう。

 

別にわざわざパチンコで運試しをしようとする事がナンセンスで、また、ギャンブル依存症の特徴でもあるんですよね。

 

僕はよくやっていましたこんな事。

 

お正月にスリップしてしまうと、お正月が明けてからもズルズルとパチンコ屋に行き続ける事になります。

 

高確率で。

 

その地獄から抜け出せるのは、早い人だと1月の後半。

 

遅い人だと2月になってもパチンコ地獄から抜け出せません。

 

これはパチンコ依存症の人の毎年のお決まりのパターンだと思います。

 

そんな僕から皆さんに言える事は、とにかく早く目を覚まして欲しいという事。

 

お正月マジックはパチ屋の仕込んだ巧妙な罠。

 

一刻も早く抜け出して、また禁パチを一からはじめるのが賢明だと思いますよ。

いつもこのブログを見て頂きありがとうございます。

この記事を見て何か少しでも為になると思って頂けたのであれば応援クリックお願いします。


にほんブログ村


ギャンブル依存症 ブログランキングへ

-考えてみたシリーズ, 禁パチ方法について, ギャンブル依存症, 治療法, 投稿一覧