ギャンブル依存症 投稿一覧 日記 治療法 考えてみたシリーズ

パチンコ・スロットで大負けした時の気持ちについて

2017/10/12

tukarere     スポンサーリンク

こんにちは。

 

今日は、パチンコ・スロットで大負けしてしまった時のお話しについてです。

 

僕なりの立ち直り方法についても話していこうかなと思っています。

 

パチンコ・スロットで大負けした時の気分って本当に最悪ですよね。。

 

負けてる時って焦りが出てくるし、とても不安な気持ちにもなると思います。

 

何とか取り戻したいって気持ちにもなる。

 

でも結局駄目なんですよね。

 

やればやるほど余計に負債を増やしてしまう。

 

そして、

 

店の外に出ると、自分の服についたタバコの臭い、メダルで汚れた手、大金と貴重な時間を失ってしまった自分への罪悪感。

 

とても惨めな気持ちになります。

 

本当、、死にたくなってましたね。

 

もうね、何やっても駄目なんですよ。

 

ギャンブルって、やればやるほど最終的には必ず負けるようになってると僕は思います。

 

運だけではどのギャンブルも絶対に勝てないようにできてます。

 

そりゃあ運だけ勝つ事もありますよたまには。

 

でもこれが一番厄介。

 

最後の千円で当たって、そこから連荘して最終的に逆転勝ち。

 

こんな事があるから中々ギャンブルがやめられないのかなと思います。

 

そんな時、、

 

僕はどうやって気分を立て直していたか。

 

当時の僕の行動をまずは振り返ってみようと思います。

大負けした時の僕の脳内ってこんな感じでした。

パターン1

「またやってしまった。

何とかして取り戻したい。

明日以降にもう1度打ちに行って取り戻せないものか。

本当に腹が立つ。

次取り戻せたら2度と行くもんかパチンコなんか。

絶対に引退してやる。」

パターン2

もう俺はダメだ本当。

やっぱり俺はギャンブル依存症なんだ。

毎回毎回負けて、一生懸命働いたお金を失っている。

もうどうしていいかわからない。

この病気はもう治らないのかもしれない。

俺の人生は、一生パチンコ・スロットにお金を吸い取られる人生なのかもしれない。

でも諦めちゃだめだ。

ここで腐ったら終わりだ。

まだやり直せる。

明日から行かないようにしよう。

また1からパチンコに行かない日々をはじめよう・・・」

 

この2パターンのうちのどちらかでした。

 

今思うと、絶対にパターン2の方が被害は少なくて済みます。

 

パターン1の方は、どんどん深みに嵌まるパターンです。

 

負けた悔しさで頭に血が昇っていて、冷静な判断ができない状態になっているので。

 

このような状態で次の日を迎えてしまうと、高確率でまた打ちに行く事になります。

 

打ちに行って勝ったとしても、結局また打ちに行って負ける。

 

取り戻したい気持ちはわかるのですが、もう一度禁パチをする方を選択した方が、賢い選択だと僕は思いますね。

 

パターン1の方は、打ちに行って取り返して、そこからきっぱり禁パチを再開できれば成功です。

 

ただ僕はパターン1の方を選択して成功した試しはありません。

 

翌日以降に打ちに行って、勝って取り戻した事は何度かありますが、そこでやめられないんですよね。

 

結局また打ちに行って、それ以上に負ける。

 

時間とお金、両方とも大量に失う事になるんですよね。

 

なので、パターン1を選択して一度冷静になってから、これからどうしていくのかを考え直す方がいいと思います。

いつもこのブログを見て頂きありがとうございます。

この記事を見て何か少しでも為になると思って頂けたのであれば、クリックお願いします。


にほんブログ村


ギャンブル依存症 ブログランキングへ

-ギャンブル依存症, 投稿一覧, 日記, 治療法, 考えてみたシリーズ