投稿一覧 考えてみたシリーズ

パチ屋の中は邪悪な気が満ち溢れている。

2017/09/23

Businessmen fighting

     スポンサーリンク

なんだかなー

こんにちは。

 

今日のお題は、「パチ屋の中でのもめ事や、いざこざ、妬み、など、人間の邪悪な感情」についてです。

 

パチ屋に行く理由は人それぞれだと思います。

 

・単純にパチンコ・パチスロが好きで、負けても自分のお小遣い範囲で楽しめればそれでいいと思える健全な人。

・借りたお金で勝負していて絶対に負けられない戦いをしている人。

・自分が勝つ為ならどんな手段でも使うという人。

・ルール・マナーを遵守し、正当な立ち回りで勝ち続けている人。

 

色々な考えを持った人がホールにはいて、、

 

皆がルール・マナーを守り、人に迷惑をかけないよう気遣い、遊戯できればそれに越したことはないと思います。

 

でも、現実そうはいきません。

 

なぜなら、お金がかかっているから。

 

皆勝ちたい。

 

良い台に座りたい。

 

だから、どんな手段を使ってでも自分だけは絶対に勝つ。

 

こんな考えの人が現れてしまうのだと思います。

 

朝の入場抽選で、くじを自分だけ2枚引いたり。

 

入場の際、走ってはいけないのに走って、前の人を追い抜いて狙い台を取ったり。

 

このような”自分が勝てればそれでいいんだ”と思ってしまう人も残念ながらパチ屋にはたくさんいます。

 

余裕がない人程、このような考えに陥ってしまうのではないでしょうか。

 

また、、

 

勝っている人を妬み、因縁をつける人もいます。

 

「おい!お前今肩ぶつかっただろ?表出ろや」とか。

 

あいつはサクラだとか、ありもしない噂話を流したり。

 

こんな人達が沢山いるせいか、、

 

邪悪な気がパチ屋には満ち溢れていて、長くいればいる程、心が疲弊していくように感じます。

 

今日、この記事を書いた理由は、以前僕の知り合いが因縁を付けられたからです。

 

先ほど言ったような、勝っている人に対しての因縁です。

 

嫌がらせ、妬み、嫉み。

 

そして、僕自身もパチ屋で何回かもめ事を起こしてしまっています。

 

絡まれた事もありますし、逆に絡んでしまった事もあります。

 

お金は誰だって欲しいし、お金がなければ生きていけないのはみんな一緒・・・。

 

だからこそ、ルール・マナーを守り1人1人が遊戯を行わなければならないのだと思います。

 

そんな考えは甘ちゃんで、勝つ為なら手段を選ばないのが常識。

 

そんな考えの人間に僕はなりたくないと思うのでした・・

いつもこのブログを見て頂きありがとうございます。

この記事を見て少しでも何か為になると思って頂けたのであればクリックお願いします。

あなたのその1クリックで、今後も頑張って禁パチ記事を書いていけるのでお願い致します。


にほんブログ村


ギャンブル依存症 ブログランキングへ

-投稿一覧, 考えてみたシリーズ