パチ屋の中は「負のオーラ」「邪悪な気」が満ち溢れていると思う!

 

パチンコ屋の中は決して平和な空間ではない

パチ屋に行く理由は人それぞれだと思います。

  • 趣味でやる人
  • 借りたお金で勝負していて絶対に負けられない戦いをしている人。
  • 自分が勝つ為ならどんな手段でも使う人。
  • 正当な立ち回りで勝ち続けている人。

などなど・・・

色々な考えを持った人がホールには存在します。

皆がルール・マナーを守り、人に迷惑をかけないよう気遣い、遊戯できればそれに越した事はありません。

しかし、、、

現実はそうはいきません。

なぜなら、お金がかかっているからです。

皆勝ちたいし、良い台に座りたいという思いは当然のことです。

だから、「どんな手段を使ってでも自分だけは絶対に勝つ」という人も残念ながらいます。

よくあるパチンコ屋での不正行為をご紹介

自分だけ勝つ為に不正行為を行う人は、具体的にどういった事をするのか。

僕が知っている限りだと以下のような行為が行われています。

「入場の際、前の人を追い抜いて狙い台を取る」

「台の掛け持ち」

「張り付き」

などがよくある迷惑行為です。

余裕がない人程、このような考えに陥ってしまうのではないでしょうか。

因縁・妬み

不正行為以外にも、八つ当たりや因縁も良くある事です。

負け込んでいる人は、勝っている人を妬み、因縁をつけます。

「おい!お前今肩ぶつかっただろ?表出ろや」

とか

「あいつはサクラだ」

など、ありもしない噂話を流されたりもします。

こんな人達が沢山いるせいか、

パチ屋には邪悪な気が満ち溢れていて、長くいればいる程、心が疲弊していくように感じます。

 

まとめ

お金は誰だって欲しいし、お金がなければ生きていけないのはみんな一緒です。

だからこそ、ルール・マナーを守る必要があるのだと私は思います。

「そんな考えは甘ちゃんで、勝つ為なら手段を選ばないよ」

までいったら、そこから先の人生は決して良い方向にはいかないと思います。