スロットはなぜ肩凝りが酷いのか!対処法を考えてみた

最近、肩から首筋にかけてピリピリと痛みを感じます。

原因は間違いなくスロット。

そりゃあそうですよね。

毎日のように何千回転も回すんですから。(多い時は1万回転回す事も・・)

長時間同じ姿勢で座り続け、右腕を酷使した代償がついに現れてしまいました。

整体に行く

さすがにこれはまずいと思ったのえ、先日、初めて整体に行きました。

そこでわかった事は、「かなりやばい状態」だという事。

先生が僕の体を見て触り、”このままではまずいですよ”とか言うからかなり焦りますよね。

何がまずいのかと言うと、今の僕の体は大分歪んでいるという事。

僕の足は長さが違うらしい…。

理由は、骨盤が歪んでいる事が原因。

これは間違いなくパチスロのやりすぎが原因ですよね。

長時間足を組んで座ったり、同じ姿勢を保つのがきつくなり、後ろに傾いて座っている為です。

そして、問題は肩です。

僕の肩は今、左肩が右肩より高い状態です。

僕は右利きなので、右腕でメダルを持ち、メダルを投入し、レバーを叩き、ボタンを押す。

この一連の動作を長らく続けてきました。

そうすると、右肩が高くなります。

人間の体は不思議なもので、バランスを取ろうとして今度は左肩が上がってきます。

結果、肩の高さが違うという現象が起きてしまうのです。

僕の今の肩は、先生が見た患者さんの中で歴代2番目の肩の硬さだと言われてしまいました。

パチスロによる健康被害は凄まじいですよね。

冷静になって考えると、何時間も座り続ける事自体が異常。

今日から一週間とりあえず体を(肩を)休める事にします!

スロットによる肩凝り対処法をご紹介

最後に、僕がやっている肩凝り軽減方法をご紹介します。

  • 40分に1回は席から離れ軽くストレッチをする
  • 足をできるだけ組まない
  • 寝る前にストレッチ

これだけでも結構違うので、できればやってみてくださいね!