ギャンブル依存症 投稿一覧 治療法 禁パチ方法について 考えてみたシリーズ

サラリーマンが一番養分になりやすい理由について考えてみた

2017/08/14

IMG_2364
     スポンサーリンク

サラリーマンが1番パチンコ・スロットをやっちゃダメ。

こんにちわ。

 

今日のお題は、"サラリーマンがなぜ1番パチンコ・スロットをやってはいけないのか"です。

 

その理由はいくつかありますので、順を追って説明していこうと思います。

 

少し前まで僕も、ごく平凡なサラリーマンでした。

 

サラリーマン時代のスロット収支はというと、それはもう悲惨で打ちに行っては負けていました。

 

平均して毎月3万円位は負けていたんじゃないですかね。

 

給料が少ないが為に、増やそうと思い勝負に出ては少ないおこずかいをさらに減らしてしまう日々・・・

 

そんなしょうもない事を繰り返していました。

サラリーマンをやりながらパチンコ・スロットで勝ち続ける事は、中々難しい事だと僕は思います。

 

その理由は、限られた時間の中で立ち回らないといけないという時間の制約がサラリーマンにはあるからです。

 

時間に制約があると、精神面に支障をきたしやすくなります。

 

僕の経験上。

 

時間に余裕がないと焦りが出るんですよね。

 

焦ると冷静な判断ができなくなり、結果負けてしまう。

そして最終的には一か八かの勝負に出て更に負けてしまう。

 

このような負のスパイラルにサラリーマンは最も陥りやすいのではないかと思われます。

 

沢山の時間をかけて給料をもらう→パチンコで一瞬で数万円を失う。

 

これってあまりにもバカらしいですよね。

 

こんな事を繰り返していたら、本当に死にたくなりますよね。

 

そして、自分はギャンブル依存症のダメ人間なんだと、自信まで失ってしまう。

 

サラリーマンの負け組の方は、お店にとってはありがたい働きアリです。

 

そうなってはいけませんよ絶対に。

 

会社帰りにぷらっと近所のホールに寄って、勝ち続けられるほど今のパチンコ・スロットは甘くありません。

 

やめられないのでしたら、それはギャンブル依存症だと思いますので、自分に合った禁パチ方法を探す事から始めて下さい。

Amazon ギャンブル依存症

[ブログランキング参戦中です♪クリック一つで頑張れますので応援お願いします!!]


にほんブログ村


ギャンブル依存症 ブログランキングへ

-ギャンブル依存症, 投稿一覧, 治療法, 禁パチ方法について, 考えてみたシリーズ