パチンコ屋の中で絡まれた時の「対処法」について考えてみる。

Businessmen fighting

初めてパチ屋で絡まれる(笑)

この前、始めてパチ屋の中で絡まれました。

私に因縁を付けてきたのは1人の少年。

見た目はごく普通の少年。

人にいちゃもんを付けるような雰囲気ではなかったでんですけどね。

それでは、絡まれるまでの経緯を説明します。

私は、あるパチンコ屋さんでハイエナ(天井狙い)をしていました。

そんな中、1人の女性がミリオンゴッド凱旋やめようとしていたんです。

ちなみに900ハマり。

その女性が席を離れた瞬間、僕はすかさずその台をキープしました。

当然ですよね。

ハイエナしてるんですから。

しかし・・・

後ろから物凄い剣幕で私を睨み付けている少年がいます。

IMG_2363

先ほど説明した少年です。

おそらく少年は、女性を何分も前からハイエナしてやろうと狙っていたのでしょう。

今か今かと。

それなのに、後からぷらっと来た私に獲物を横取りされた事に腹を立てたんでしょうね。

でも・・・

そんな事はおかまいなしです。

だってハイエナ界にルールやマナー何て無いですからね。

そして、無事台を打ち終え違うお店に移動しました。

で、、、

ここからが修羅場。

移動した店でも少年と鉢合わせました。

そこで悲劇が訪れます。

少年とすれ違ったその瞬間、、、

少年は私に向かってこう言ってきたのです!!

「じゃまじゃま!!」

あぼーん。

 

ちょっと笑っちゃいそうになりましたが、まだ所詮ガキンチョ。

冷静に冷静に。

本来なら外に引きずり出して、腹パンくらい入れてやりたかったのですが、にらみつけて「あ?」で抑えました。

たかだかハイエナごときで警察沙汰とか面倒くさいんでね。

まあ、この睨み少年は結構ひよってましたね。

パチ屋の中で絡まれたら

今回の件でも言えるのですが、「とにかく手を出さない事」が重要になってきます。

やはり、口で何か言われても手を出したら負けです。

絡まれたときは、いかに冷静に対処できるかが重要です。

逆に殴られたらこっちの勝ちです。

警察に通報して慰謝料をふんだくってやりましょう。