パチンコ・パチスロ(スロット)が原因で起きた犯罪について意見を述べる!

densha_suwaru2

パチンコ依存症が原因で殺人。被害者は犯人の祖父。

今日、ヤフーニュースを見ていたらこんな事件がありました。

「パチンコするお金欲しさに祖父殺害」

この事件について、ネットの記事やニュースなどでも色々言われていますが、この事件を僕なりに解釈したのでご報告します。

まず第一に言える事。

それは、犯人の山本裕也容疑者(23)は、重度のパチンコ依存症であったということ。

パチンコ依存症が悪化すると、冷静な判断ができなくなります。

そしてこのような犯罪に及んでしまったのだと思います。

そして、「様々な人からお金を借りていた」というのも問題です。

周りの人間には、「あいつに金を貸すと返ってこない」と言われているくらいひどい状況だったみたいです。

中でも、祖父には度々お金無心していたそうです。

祖父は、「孫に金をせびられて困っている」などと知人などに話していた事もあったそう・・・

そして、事件当日、いつものように祖父にお金を借りに行ったところ「お前なんて家族じゃない」と言われカッとなり殺害。

こんなところでしょうか。

ギャンブル依存症が招いた悪夢

まともな人からしたら、犯人を「ろくでもない人間」だとか「クズ」だと思いますよね。

しかし、この事件の犯人は「パチンコ依存症」という病気だったが為に、このような犯行に及んでしまったのではないでしょうか。

僕はそう思っています。

もちろん何があってもこのような事はしてはいけないですし、絶対に許されない事だと思います。

でも、自分の家族である祖父を殺害してまでパチンコがしたいって、明らかに異常ですよね・・・

それを実際にやってしまうのが、パチンコ依存症の怖い所ですよね。

もし犯人が、自分が病気だという事をしっかりと認識していたら、違う結末になっていたかもしれません。

ギャンブル依存症という病気は、衝動を抑えられない病気ですからね。

ギャンブル依存症の恐ろしさを、改めて思い知らされた1日でした。