パチスロ(スロット)を打つ理由について考えてみた。やめられない理由とは?

20150224195448

パチスロを打つ理由はお金がないから?

人はなぜパチスロを打つのでしょうか。

  • お金がほしいから
  • 簡単にお金を稼ぎたいから
  • 他にやる事がないから

理由は人それぞれだと思います。

ちなみに僕がギャンブル(パチスロ)を始めた理由は、楽してお金を稼ぎたかったから。

僕がパチスロを始めた頃は、事実、楽に稼げた時代だったんですよね。

僕を含め、周りにいた人間もあり得ない金額を実際に稼いでいました。

月50万とか60万とか普通に稼げた時代です。

みんなギャンブル依存症だと思う。

「お金はたくさん持ってるよ。」

「パチンコ・スロットは好きだからやってるんだよ。」

「だから、負けても楽しめたからいいんだ。」

「また来るよ!」

なんて人、僕は見た事ありません。

 

いい歳したおじさん・おばさんも、ハマってる時は不機嫌そうだし絶対イライラしてる。

結局、みんな勝ちたいんだよね。

もしくは、負けを取り戻したいんだと思います。

心の中では、「何やってんだろう自分・・・」ってみんな思ってるのではないでしょうか。

負けても文句1つ言わずに店を後にできるのであれば、ギャンブル依存症ではありません。

「負けるの前提でやっている人。」

「負けてもスリルを楽しめた事に感謝できる人。」

こういった人達は健全なパチンコ・スロットユーザーです。

負けてグチグチ言っている人はギャンブル依存症を疑った方がいいですね。